さえずるキウイズム

メンタル弱いなりに工夫して生きている一児の父。頭の中のモヤモヤを整理中。

向き合うのではなく後ろに立って見守る

最近こどもが歩き始めました。まだまだ体力不足なのか疲れてくるとバランスを崩し、頭をゴツンとぶつけることもあります。なので、遊ぶ際はこどもの後ろにポジションをとって見守るようにしています。文字通りのこども目線になっているわけですが、意外と色々考えさせられました。

 

向き合うのではなく後ろに立って見守る

親というものは可愛い顔を見たくて、どうしても向き合う形になりがちです。でもそれってやっぱり親からの視点でしかないんですよね。

 

まあそれはそれで構わないのですが、たまにはこどもの見ている風景を一緒に見ていると、色んなことに気づけて楽しいですよ。

 

赤や黄色が好き

お母さんにはすぐ気付く

隙間を見つけるとそこに向かう

糸くずみのような小さいものも見えてる

実は色んな音に反応してる

背中は意外と筋肉がある

裸かわいい

 

「いつの間にできるようになった?」

そんな変化に驚くこともあります。

 

気配を消す時がいずれ来る

今はこどもに親の存在をアピールしまくっています。でも、親が最終的にすることはこどもの世界から気配を消すことだと思います。少し寂しいけれど、それが親離れ子離れというもの。

 

親に笑顔を見せてくれるのはとても嬉しいです。しかし親の存在を忘れるくらい熱中して遊ぶ姿はもっと嬉しい。親の目を気にせず、好きに生きてほしいなと思います。

 

後ろに立って見守るようにこどもとは付き合っていきたいものです。

 

まだ一歳未満なのに「親離れ」というワードがちらついて、感傷的になったお話でした。

 

本日はこれにて。

ありがとうございました。