さえずるキウイズム

健康やら子育てやら野球についてピーピーさえずっています

「それ言ったよね?」 にはなんのメリットもない

私もそこそこいい年齢なので仕事では 人にものを教えるという立場なのですが、その際には気を付けていることがあります。

 

「それ言ったよね?」

 

的なことを言わないということです。

 

理由を具体的にあげていきます。

 

①「わからない」感覚は人によって違う

この言葉には

「そんなこともわからないのか。一回で覚えろよ。」

というニュアンスが含まれています。これは心折れますね。

 

人は悲しいくらい忘れていく生き物で自分が「わからなかった」という感覚も忘れがちです。特に優秀で物覚えが良い人ほどその傾向がある気がします。

 

「これくらいすぐ覚えろよ」というじれったい気持ちはわかりますが、その基準は主観に過ぎないのです。人は何度も同じようなことで同じ間違いをします。分かるまで教えてあげましょう。

 

②伝え方がマズイ可能性あり

何回も聞かれるということは教える側の伝え方に問題があるかもしれません。何回も聞かれるということは伝え方のレベルを上げるチャンスです。手を替え品を替え何度でも教えてあげましょう。

 

③言ってないことも「言ったよね?」

これは意外と多いんじゃないでしょうか。これが一回起きると教わる側はその人に違和感を覚え、それが続くと不信感になってしまいます。自分が誰に何回、何を言ったか完璧に把握してますか?把握しなくていいんです。何回言ってもいいんだから。

 

④報告されにくい上司になってしまう

一緒に仕事をしていく上で気軽に質問ができない、上司に質問するのにエネルギーを使う環境はよくありません。またそのような関係だと大事な報告もなくなってしまう可能性があります。言いやすい、聞きやすい関係は大事です。

 

「なんで報告しなかった?」

これを言ったら負けです。

あなたが「報告されない上司」だったというだけのことです。

 

 ⑤言って治るなら苦労しない

正直、人に期待しすぎな人が多い気がします。「それ言ったよね?」は事実かもしれませんが、分かるまで教えるのが仕事です。言ってる暇があったら教えてあげるのが合理的です。

 

指導において、短所を単に指摘するのは悪手です。「それ言ったよね?」と言ったところでなんにもメリットがないのです。

 

本日はこれにて。

ありがとうございました。